空中戦

①特殊ボーナスチェック

ギルドのボーナスなど特殊な修正の反映を行います。

②アニマ選択

アニマの選択を行います。
戦闘が発生した後に交換する場合は、1ラウンドかかります。

③アニマロール

まず基本影響を考慮する。(アニマの基本能力の修正をいれる)
アニマの特性により、大成功が起きるかどうかをチェックします。
発生した場合、以下にさらに影響を与えます。
(アニマロールは一定確率で起きる大成功で、アニマの特性に合わせた修正が行われる)

④索敵

敵の存在の確認を行います。
通信妨害などがある場合は修正がはいる。

(索敵能力 - 距離修正 + 2D6)で、8以上の数値が出た場合、発見。
両方チェックし、両方が成功した場合は同時発見とします。

戦闘距離内の場合は、⑤イニシアチブチェックへ。
戦闘距離外の場合は、移動後もう一度索敵

・味方への連絡
妨害などがない場合は、連絡可能範囲内の味方に連絡可能です。
連絡が入った味方が発見したと同じ扱いにします。
(攻撃が可能かは、射線の有無による)

⑤イニシアチブチェック

片方のみが発見している場合、発見している側は先手とします。

敵味方が発見が同時だった場合、(AGL + 速度修正 + ランダム値)で競います。
早いほうが先手をとれます。

⑥戦闘方法の選択

先手を取った側は、次に戦闘方法を選択することができます。

・ドックファイト
敵の後ろへ回り込み一方的に攻撃する事ができる戦法です。
回り込みに失敗した場合は、攻撃事態が失敗になります。

・一撃離脱
正面からお互いに攻撃しあう戦法です。
先手の攻撃に後手が生き延びた場合、後手の攻撃が行われます。

⑦攻撃の選択

選択可能な手段は3つで、以下の中から選択します。

・通常攻撃、クラススキル攻撃
一般的な攻撃方法です。
通常攻撃は威力が小さいですが、MPなどは消費しません。
クラススキルの使用にはMPが必要ですが、効果は大きい場合が多いです。

・ロックオンを選択
攻撃手段ではありませんが、敵をロックオンし、次のラウンドに特殊攻撃を仕掛けることができるようになります。

・空戦スキルを選択
空戦スキルは、空中戦専用のスキルです。
ロックオンと同じで、直接攻撃ではありませんが、次ラウンドの空戦が有利になります。

⑧命中判定

攻撃を選択した場合(通常でもスキルでも)命中判定が発生します。

⑨ダメージ判定

命中判定で、命中となった場合ダメージ判定が行われます。

⑩戦闘不能判定

HPが0以下になった状態で戦闘不能(重症)になります。
戦闘不能状態で手当てせずに放置しておくと死亡してしまう恐れがあります。

⑪ダメージコントロール

ロックオンなどの特殊攻撃で、火災、エンストなどが発生したばあい、修理可能であれば修理を行います。

②へもどる


PAGE TOP