アビスに選ばれた者達「アビスメシア教団」

偶然か何かの意図によるものか、アビスに接触し長時間たっても感染があまり進まない者がたまにいます。
そして、一部感染しているため、力が強くなったり感覚が鋭敏になったり、通常の人間よりも高い能力を示す場合があります。

さて、起源ははっきりしませんが、昔から信じられていた伝承に「黒いメシア」というものがありました。
これはアビスが世界をすべて飲み込んでしまった後、黒いメシアに率いられた選ばれた者達のみが生き残り、再生された世界で新しい人類として文明を引き継ぐというものです。
アビスに感染し死ななかった者たちにとってこの伝承は福音で在り、選ばれた者こそ自分たちであると彼らは信じました。
そうやって広がったのが「アビスメシア教団」です。

現在その存在は陰に隠れていますが、かなりの広がりを見せており、選ばれるためにわざと感染しようとするものまで出ています。

人類社会に浸透し汚染するアビスメシア教団は探求者にとって厄介な脅威です。


PAGE TOP