新たなる脅威「謎の旅団シュメルツ」

経済の混乱と辺境地域の治安悪化から海賊行為が横行する昨今ですが、近年急速にその数を増やしています。
輸送船団の襲撃や行方不明事件、その後ろ盾となっているのが、謎の旅団シュメルツだと言われています。

旅団シュメルツとは、今から半世紀ほど前まで、他の巨大飛空艇国家と共に同じ空域を航行していた旅団国家の事です。
有力旅団国家の一つとして数えられ、規模はやや小さいものの、8隻目の巨大飛空艇国家とも呼ばれていたこともありました。
しかし、エンジンの不調から脱落し、アビスに呑まれてしまったと長年信じられてきました。

ところが、その旅団シュメルツが近年目撃され始めたのです。
そして、理由は不明ですが他の旅団の輸送船団を襲撃したり、妨害したりする事件が発生しているのです。

すでに各旅団の経済に大きな被害が出始めていると言われています。


PAGE TOP