ダリア進化途絶論

それは、人類進化学において著名な科学者ダリアが発見した研究成果が発端だった。
長年に渡り、様々な角度・検知からの考察の結果、「人類は、これ以上、生物としての進化は望めない。」という衝撃のものであった。

衰退がささやかれる中、アニマ革命によって個としては超人的な能力を発揮出来るようになったが、種としての発展は見込まれない状況は続いており、更なる進化を求め、各地に点在するまだ見ぬ種族と交わり、新たな進化を目指すという通称「ヨメサガシ」が盛んに叫ばれるようになった。

ダリアの著書、進化途絶論の最後にはこう一文が記載されている。

―――そう、これは人類の存亡をかけた、壮大な嫁探しの物語である。


PAGE TOP