天空依存症候群《ソライズナ》

落下への恐怖

巨大飛空艇都市は基本的には安全な住居です。
大抵は複数の浮遊システムを搭載し、何百年でも故障せずに飛行することが可能になっています。
しかし、本来は地上で暮らしてきた人類にとって落下への恐怖は何時も付きまとってきました。

そのために、彼らはできるだけ安全な場所で日常を送り、落下の恐怖のないユートピアへの夢にしがみ付いて生きてきたのです。

新しいムーブメント

ここ最近、新しい思考を持った人々が増えていると言われています。
それは「天空依存症候群《ソライズナ》」と言われる人たちで、空こそが自分たちの生きる場所であり安住の地であるという考えを持った人たちです。
一向に見つからないユートピアを追うのではなく、現在の生活を改善し、より良い精神スタイルとを確立しようと言うわけです。

新人類思想

彼らの一部は、自分たちを天空生活に適応した新しいタイプの人類であると考える者も出てきています。
そういったグループのカリスマの何人かは、極めて有能な戦闘飛空艇パイロットであり、この強さが天空に対応した人類の証だと主張しています。
科学的な根拠は今のところありませんが、落下を恐れない彼らの戦闘スタイルは過激で在り、高い戦闘成績を残しています。


PAGE TOP