芸能旅団ミルティアイ

芸能旅団の異名をもつ巨大空艇都市です。
様々なエンターテイメントを世界に供給する夢の国家、それがミルティアイです。

映画やTV番組、舞台やコンサートなど、人が楽しめる要素のほとんどを生産供給しています。
人口のほとんどが何らかのそれら娯楽産業の何かに関わっていますが、頂点に立つのはやはりスター達でしょう。
映画にしろ舞台にしろスーパースターは存在し、世界から注目されています。
巨万の富を手に入れ、贅沢な暮らしができるだけでなく、強力な発言力さえ手に入れます。

世界に広がる暗澹とした闇が濃くなればなるほど、ここで作られる娯楽がこぞって買い求めるのです。
なお、スターたちが光だとすると闇もあります。

夢破れた人たちは、何か関連産業につくことができれば、市民権をとることができますが、それができなかった場合故郷に戻るか、市民権を剥奪されて地下に落ちるしかありません。
ミルティアイは、栄光と挫折、明と暗がはっきり分かれる実力の世界なのです。

旅団船体の形状はお盆上の円形で、中央部が一部高くなっている以外は平坦です。


総人口24万人程度
全長30km(全長=直径)
立体直噴式フラグメント反応炉1基
変温プラズマ式推進装置6基

ローズウッド通り

大成功を収めたスターや映画監督などの大邸宅が並ぶ高級住宅地です。
一般の立ち入りはセキュリティの関係できませんが、プール付きの大豪邸が沢山並んでいます。
もちろん、どんなに警備しても忍び込んでくるゴシップ紙の記者や熱狂的なファンは後を絶たず、そういった話題に事欠かない場所です。

テラーラ・リング

通称「女神の首飾り」
この装置は、過去発見された最大の浮島テラーラ島の遺跡で発見された一種の精神共鳴装置で、
同じイメージや感情を持つ者たちの精神の力を魔力に変換するというロストテクノロジーの装置です。
全部で12個あり、一つのサイズが50m×7mの円筒形です。
接続を真逆にすると、目標対象へ強烈な精神波を送り込むことが可能で、精神攻撃兵器と変わります。
12個の装置は、現在巨大飛空艇国家の円周に均等に配備されています。

ミルティアイ天空騎士団

現在トップアイドルや歌手たちが参加する天空騎士団は、当初士気高揚が目的の小さな団体でした。
しかし、テラーラ・リングの登場で事態は変わりました。
コンサートのように全員が同じイメージ、同じ感情状態にすることができれば、
魔力の充填効率が飛躍的に上昇するとが分かり、彼らの存在がクローズアップされたわけです。
現在、騎士団は、ミルティアイ軍の主力という位置づけになり、規模も拡大されています。

いざ戦争となれば、アイドル達が歌い魔力を充填したテラーラ・リングの精神攻撃が敵を殲滅します。

文化風土

この国ではそれがだれであれ、どんな職業であれハングリーでなければ生きていけません。
一度チャンスを掴めば大金持ちにれるかもしれないのです。
そして、つかみ損ねれば奈落の底です。
ここでは大抵の人に表と裏の顔があります。
営業用のスマイルは、野獣の本性を隠しているのかもしれません。

料理

セレブたちのために世界中から食材と一流の料理人が集まってきています。
そういった御用達の高級料理店では世界中のグルメが楽しめます。
もちろん、驚くほどの高額で在り、そうそう食べられるものではありません。
一般的なミルティアイ料理は効率重視のファーストフードがメインであまり美味しいとは言えません。

ファッションの発信地

年に何度か大規模なファッションショーなどが行われ最新モードが発信されます。
世界中が注目しており、巨匠たちの作品が世界の流行を一挙に書き換えてしまう事もあります。
ほとんどの文化はこの地で作られています。

軍事

ミルティアイの国軍は、ミルティアイ天空騎士団と呼ばれ芸能プロダクションごとに部隊を編成しています。
プロダクションの大きさが部隊の大きさになります。
弱小プロダクションは連合を組んで一部体を維持する場合もあります。
なお、以下のエンジェルボイス航空団と親衛隊は例外で、エンジェルボイスは全国から選抜された優秀なメンバーで構成されています。

エンジェルボイス航空団

ミルティアイ天空騎士団は芸能旅団だけ合って、全ての部隊で違う制服を使っています。
どれも可憐だったり、可愛かったりと個性的ですが、エンジェルボイス航空団はその中でも断トツの存在感でカリスマ的です。
天空騎士団は、芸能旅団の軍隊ですから、歌を歌うチームは数ありますが、歌唱力、表現力、美貌、どれをとっても最トップであることは間違いないでしょう。
いざ、大空戦となれば、軍団の中央(フロント)を務めます。

「エンジェルボイス航空団」親衛隊

民間ボランティアによる、「エンジェルボイス航空団」を防衛する事だけに特化した戦闘団です。
彼らは、もともと航空団に所属しているアイドルやスター達の追っかけや親衛隊で、自腹で兵器を購入し戦場では盾として敵の攻撃から航空団を守ります。
彼らのやる気は称賛に値しますが、実践力のほうはやはり素人集団で、軍としては時間稼ぎ程度と考えているようです。


PAGE TOP