空挺連合都市国家連合「メデナ」

「メデナ」は400年ほど前、宗教旅団カンナカムイと情報旅団テストピアの提唱で作られた対アビス警報相互援助組織が発展してできた空挺連合都市国家連合です。
現在は周辺空域で代表的な大規模旅団7つすべてが加盟し、中小の参加旅団も100を超えています。
当初は、単なる連絡会議でしたが、現在では加盟国間で貿易協定や凶悪事件に対する捜査協定などが結ばれより深い関係を構築しています。
現在は本部をレーヴァテインに移し、一応各旅団国家から独立した立場で活動しています。
ただし、国際紛争を調停するほどの力はなく、相互連絡組織の側面が強いです。


PAGE TOP