魔法術式

術式容量《メモリ》

魔法術式の保存容量。
搭載メモリの容量の範囲内で術式を格納出来る。
アニマの成長によって領域拡張が可能。

圧縮術式《アーカイブ》

魔法術式を予め圧縮化しておくことで、メモリ格納領域を抑えることが可能となる。
代償として使用時にアーカイブ処理(術式解凍)が必要になり処理演算の時間が伸びてしまう。

反応《リアクト》

戦闘時に魔法術式や戦闘技能によって小反応が発生する。
その小反応発生中に魔法術式・戦闘技能をさらに発動させて
反応連鎖を発生させ、より強力な攻撃反応を起こす現象。
反応種別は、魔法術式・戦闘技能の組み合わせによって変化する。


PAGE TOP